アンサンブル室町による

「暗闇の聖務/ Leçons de Ténèbres」

2019年4月12日(金)開場18:30  開演19:00

会場:ルーテル市ヶ谷ホール

フランソワ・クープラン作曲「暗闇の聖務」の演奏に加え、3名の現代作曲家(辻田絢菜・中村匡寿・平川加恵)に委嘱した作品の演奏をします。西洋と日本の古楽器の演奏にカウンターテナーの謡いを織り交ぜる事で、今まで出会うことの無かった音色の響き合いをお楽しみ頂けます!

委嘱作品・世界初演

辻田絢菜/中村匡寿/平川加恵

演奏作品

フランソワ・クープラン/末吉保雄/松下功

指揮
カウンターテナー
鷹羽弘晃
上杉清仁
​久保法之
​作曲
辻田絢菜
中村匡寿
平川加恵
フライヤー表.jpg
フライヤー裏.jpg
朗読
​工藤巧

アンサンブル室町メンバー

篠笛:あかる潤       

尺八:黒田鈴尊

笙:石川高         

箏:田中奈央一・日原暢子

邦楽打楽器:小川実加子   

トラヴェルソ:菊池かなえ  

オルガン:新妻由加     

チェンバロ:圓谷俊貴/流尾真衣

バロックヴァイオリン:須賀麻里江

ヴィオラ・ダ・ガンバ:エマニュエル・ジラール

バロックコントラバス:布施砂丘彦

 復活祭に先立つ聖週間は、キリストの受難を記念する一週間です。

聖木曜日・聖金曜日・聖土曜日のあいだは、喪と悲しみと苦悩のうちに、祈りを捧げ、聖書を読むことをつうじて、暗闇の聖務を行います。

 作曲家たちは、何世紀にもわたって、「ルソン・ド・テネーブル」(テネブレの読誦)を作曲してきました。ヘブライ語のアルファベットによるヴォカリーズと、「エレミヤ哀歌」のラテン語によるレチタティーヴォが交互に歌われます。「エレミヤ哀歌」は紀元前5、6世紀に書かれた、シオンの悲惨を語る書です。

 アンサンブル室町のコンサートは、バロックのフランソワ・クープランと、辻田絢菜、中村匡寿、平川加恵との対話を通じて、この典礼とシンボルにオマージュを捧げます。 

 21世紀の始めにいるわたしたちは、知っているのです、みんなで人間と芸術のために力を尽くし、勇気づけ、 世界を救わなくてはならないのだと。

 

アンサンブル室町代表・芸術監督

ローラン・テシュネ

(翻訳:岩切正一郎)

演出:萬浪大輔

広報デザイン:高本夏実

制作:PolyArts

 

チケット

一般前売 4,000円 一般当日 4,500円 

学生前売 2,000円 学生当日 2,500円

チケット予約

カンフェティ Tel: 0120-240-540 (月ー金 10:00-18:00)

https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=50661&

​お問い合わせ

アンサンブル室町事務局 office@ensemblemuromachi.or.jp 

助成:野村財団

  • facebook-square
  • Twitter Square

© 2019 Ensemble Muromachi All Rights Reserved.